恋愛、友情、家庭問題…人生の勉強に繋がる『彼氏彼女の事情』

恋愛、友情、家庭問題…人生の勉強に繋がる『彼氏彼女の事情』

男子にもオススメの少女マンガ

恋愛、友情、家庭問題…人生の勉強に繋がる『彼氏彼女の事情』

皆さん、「彼氏彼女の事情」と言う漫画をご存知でしょうか?「彼氏と彼女と言う名前なら、恋愛漫画だろ!」「ラストはハッピーエンドで終わる定番な漫画」と思われる人がいると思います。実際、私が「彼氏彼女の事情」に出会ったのは、高校生の頃でした。そうです。つまり、青春時代に出会った漫画なのです。「彼女彼女の事情の魅力って何?」「ヒロインがいて、片思いなんだろう!」と思われる人!それは読まないとわからないです。そこで、ここでは、「彼氏彼女の事情」の魅力的なキャラ、そして恋愛以外にも学ぶことができることについて紹介いたします。

 

主人公は女子高生だが…面白い

「やっぱり、主人公は女子高生か~」「他の漫画と同じじゃないか」と思ってしまう人。この主人公は普通の女子高生ではありません。名前は宮沢雪野。頭がいい、性格いい、美人の3拍子が揃っています。

あれ?普通の漫画だと、こんな3拍子揃っている主人公って珍しく感じませんか?私も「何か欠点があれば可愛い」と思っていました。当然、宮沢雪野は男子にもモテて先生からも信頼されている、優等生です。クラス委員とか任されてしまう、優秀な主人公。

そんな3拍子揃っている主人公。やはり不自然ですよね?そうです。宮沢雪野は裏で努力している優等生だったのです。褒められたくて頑張る女子高生。簡単に言えば見栄っ張りです。

「見栄っ張りの主人公って、何かちょっと、嫌」だと感じてしまう男性は普通にいますよね。でも、裏で頑張っている、努力している、自分自身を磨いている主人公宮沢雪野に、強く魅力を感じました。

恋する相手は、優等生ライバル

宮沢雪野が恋する相手は、何と宿敵だったのです。同じ優等生でクラス委員。そして、医者の息子でもある。でも宮沢雪野は宿敵だと思っている男子から告白されてしまいます。

彼の名前は、有馬総一郎君。宮沢雪野と同じ、優等生です。容姿端麗&頭がいい&性格良しで、こちらも3拍子揃っています。「好きだから」と言われてもドキッとしないのが、宮沢雪野。有馬総一郎に負けないように、見栄っ張りを続けてしまいます。負けたくない気持ちが強かったのでしょう。

主人公の見栄っ張りがバレてからが面白い!

見栄っ張りで居続けることは、難しいことです。当然、バレます。しかし、「彼氏彼女の事情」は、宮沢雪野が見栄っ張りで有ることがバレてからが面白くなります。

まず最初は、告白して来た有馬総一郎に見栄っ張りで有ることがバレ、弱味を握られます。そして見栄っ張りがバレてから、宮沢雪野に今まで無かった物が出来ます。それは、友達です。宮沢雪野には「宮沢さんは性格いいね」「優しくて美人」と褒めてくれるクラスメートはいましたが、友達はいないんです。その友達が出来るキッカケを作ったのは、ライバルでもある、有馬総一郎なのです。

有馬総一郎は、宮沢雪野とは別の中学でした。当然、小学、中学時代の友人がいます。その友人達が宮沢雪野と友人になるのは早かったです。初めて、買い物を一緒にしたり、旅行をしたり、相談できる友人が出来たことは、宮沢雪野が変わったところです。学校生活が見栄っ張り生活ではなく、本当の楽しい日々に変わったと思います。

家庭問題~家族と彼女の絆

友達がいて、家族がいて、好きな人がいて幸せな学校生活を送る主人公、宮沢雪野。「ハッピーエンドだよ。これじゃあ、普通の漫画だよ」と思ってしまいますが、ここからは、宮沢雪野のライバル、宿敵でもあった、もう一人の主人公、有馬総一郎について紹介していきます。

有馬総一郎ははじめに紹介した通り、医者の息子で、優等生です。そんな有馬総一郎にも、弱味があります。それは、家族です。親は医者ならエリートだと思ってしまいますが、本当の親ではないのです。有馬総一郎には、暗い幼少時代があります。

好きな人には、親がいて自分の親は本当の親じゃないことは、自身の弱味でもあるし、好きな人に、同情されないか?不安になりますよね。

病んでしまった有馬総一郎を優しく包む宮沢雪野

有馬総一郎の親は、本当の親ではありません。医者の父親は、何と伯父さんなのです。では、本当の親は?産みの親は?有馬総一郎に宮沢雪野が聞く前に、有馬総一郎は、自身が幼少時代虐待を受けて、今の親に保護されたことを話します。

好きな人に「自分は虐待されていた」と言うことは、すごく勇気がいります。しかし、有馬総一郎は、宮沢雪野の育った環境に嫉妬してしまうんです。優しい両親、可愛い妹。自分とは違った環境で育った、好きな人。羨ましい気持ちになりますよね。

そして、自身の体には虐待をしていた親の血が流れていることに対し、病んでしまうのです

そんな有馬総一郎を優しく受け入れたのが、宮沢雪野なのです。優しく、そして強い宮沢雪野。母親のような存在ですね。

まとめ

「彼氏彼女の事情」について、知っていただけたでしょうか?男子でも読める少女漫画だと思います。今回、主人公2人の紹介でしたが魅力的なキャラは他にもいます。恋愛以外にも、学ぶことができる作品でもあります。

大切な物に気付かされる作品。皆さんも是非読んでみて下さい。