大人が震える熱さ『BLUE GIANT』

大人が震える熱さ『BLUE GIANT』

熱を求める全ての人へ

大人が震える熱さ『BLUE GIANT』

今回紹介したい漫画は石塚真一さんの「BLUE GIANT」という作品です。 石塚さんといえば、映画化もされた「岳」が代表作。 同作も熱くなる場面は多くあったと思いますが、この「BLUE GIANT」は、それを超える熱さを感じます。 この作品はジャズ漫画です。音楽に興味がない人や、ジャズを全く知らない人は楽しめないと思うかもしれませんが、それは全くの杞憂。 「BLUE GIANT」はもはや、スポーツ漫画と同じ熱さがあります。 ジャズや音楽よりも、その熱さに引き込まれてしまうので、誰でも夢中になれる作品なのです。 さらに、その熱さが学園モノ漫画などの若々しい眩しすぎる熱さではないのもポイント。 非現実的ではないリアルな物語で、青春ではあるけどもどこかクールな、そして誰でも共感できる、そんな熱さをもっているのです。

 

BLUE GIANT・あらすじ

主人公は高校のバスケ部を引退した後にジャズにハマり、サックスを始めた宮本大。

音楽を始めるには遅い年齢ですが、そこから色々な人の支え、血の滲むような練習を積み重ねます。

そして、故郷である仙台を離れて東京へ。

旅立ちを経て、新しい仲間たちと共にジャズ人生を歩んでいくという物語です。

BLUE GIANTは、音が聞こえる漫画?

この漫画を読んだは人たちは「漫画から音が聴こえる」と口を揃えます。

もちろん実際に音が出るわけではないのですが、作品に触れるとそう感じるのだそうです。

その理由は大きく2つあります。

まず1つ目は臨場感。

演奏シーンでの迫力ある描写とそれを聴く登場人物たちの表情、それによって私たちにも迫力ある音が伝わってくるのです。

2つ目は描写です。

演奏するまでのストーリー、周りの人たちとの関係やそれぞれの想いなど、受け手を一気に惹きつけていく描写のうまさは圧巻!

主人公に限らず登場人物の気持ちが、読者の気持ちであるかのようにリンクしてきます。

そして心に迫る演奏シーンが追い打ちをかけ、読み手も演奏を「聴いて」いる状態になるのです。

主人公、宮本大の強さ

主人公である宮本大は一般的な高校生。元々バスケ部で、ケンカをしたり、恋をしたり、ちょっとエッチな面も。

しかしこの男、とてつもなく強いです。

ものすごく芯がしっかりしていて、一途。まっすぐ過ぎるほどで、とにかくブレないのです。

サックスにハマってからは毎日、河川敷でひとりで練習を重ねて大晦日でさえ雪のなか理想の音を追いかけるようなタフさ!

そんな主人公にはまっすぐすぎるがゆえに困難に直面すると、それをいなすことなく全て真正面から受け止めるバカ正直さも見られます。

厳しい局面で彼が必ず口にするセリフの「へでもねえや」。このひと言は、大の性格をよく表しています。

まっすぐ生きて、困難を、非難を真正面から全て受け止めて、絶対に折れない鋼の心。応援するとともに人間として尊敬すら感じます。

周りの人たちのストーリー

この漫画に描かれているのは主人公である大のストーリーだけではありません。

さまざまな登場人物の物語も作中に深く存在します。

そしてそのストーリーは主人公並みにスポットライトが当てられ、サブキャラという形で終わるような魅力的な面々が躍動し、心をわしづかみにされます。

例えば、宮本大の通う学校の音楽の先生。この人は宮本大にサックスの譜面を始めて渡した、優しい人物です。

しかし、彼女の音楽の授業を生徒たちは真面目に聞きません。高校生たちに、ただ授業中にお話ししてくれる優しいおばさん先生と見なされてしまっているのです。

そんな彼女が文化祭で演奏する予定の大に誘われ、共演することに。

本番のステージではまずは、大が観客を魅了します。それに感化された先生は本気でピアノを演奏。

その姿がかっこよすぎるのです。読み手はひとりのサブキャラ、しかもおばさん先生のパフォーマンスに身震をしたことでしょう。

このように周りの登場人物一人一人が、最高に熱く感動するストーリーをもっています。

彼らに心を持っていかれた後に最高の演奏シーンが配され、さらに読み手の気持ちがたかぶる…。この展開は、BLUE GIANTのだいご味。

誰もが主役になれる、そんな前向きなマインドが根底にあるのも本作の魅力ではないでしょうか。

BLUE GIANTにおける第2の主人公、玉田にも要注目

もう一人の主人公と言える玉田という男が、大とともにこの作品を引っ張っています。

彼は高校の大の同級生で大とは違った進路を選び、大学に通うために上京。

高校時代から大と仲がよくて常に彼の味方となる存在なのですが、最初は音楽に興味がありませんでした。

上京してから大を自分の家で居候させる玉田は、大学生活で夢中になって打ち込めるものなくて悩んでいたところ、大にジャズの練習に付き合うことに。

練習の簡単なサポートでしたが、胸にくるものを感じて大とともに音楽の道に進みます。

大と比較して、ジャズを始めるのが遅くいうえに人を感動させる力を持ち合わせてもいないため、才能が備わっているとは決して言えませんでした。

実際に、大たちとグループを組んでも足を引っ張るような状態・・・。ライブをしても声をかけられるのは、ほかのメンバーのみ。

折れることなく必死に練習続けて上達はしても、主人公とは違い底知れぬ特別な力は持っていません。

それでも、彼が繰り出すリズムはなぜか心に響くから不思議!

目を見張る上手さがないことは一目瞭然なのですが、その懸命さと不屈の精神が音楽にのせられている様子に心が動かされるのです。

大が才能を開花させたあと、読者者の関心事が玉田に移行するのではないかというほどに、彼は応援したくなる魅力を持つ第2の主人公。

そう言って過言でないほどの存在感を見せていました。

最後に

この漫画の中にはいくつもの名場面、名言が飛び出します。

毎回感動し、体が熱くなるほどで読み応え十分。

品を手に取れば、このストーリーに引き込まれて登場人物たちに魅了されること間違いなしです。

是非とも彼らが持つそれぞれの物語に触れ、音の聴こえる演奏シーンで感動を味わってください!