『はたらく細胞』の魅力に密着!!

『はたらく細胞』の魅力に密着!!

カラダのしくみを理解するのにオススメ!

『はたらく細胞』の魅力に密着!!

みなさんは自分の体の中でどういうことが起きているかについて興味を持っているでしょうか?人によってはあまり興味がない、生物が苦手と感じている方もいます。ですが、体の働きについて知っておいて損はありません。 細胞の働きについて分かりやすく伝えている漫画がはたらく細胞。アニメが放送されていたり、派生作品も色々出ているので、一度は読んだ、もしくはアニメを見たという方も多いと思います。面白かったかどうかは人それぞれです。 今回は「はたらく細胞」の魅力について密着します。これを機に、はたらく細胞や体の働きについて興味を持つきっかけにして頂きたいです。

 

はたらく細胞って一体どんな作品?

はたらく細胞は赤血球や白血球をはじめ、体内に存在する細胞達が活躍する作品。作者の清水茜氏の妹さんのアイデアが作品誕生のきっかけです。

細胞の働きや病気に関する知識を知ることができます。細胞達を擬人化し、細胞の働きを伝えています。

2015年から月刊少年シリウスにて連載が開始され、現在コミックス第5巻まで発売中です。その他にも、はたらく細菌やはたらかない細胞等、様々な派生作品が登場しています。

はたらく細胞の魅力とは!

はたらく細胞まだ触れてない、はたらく細胞アニメ1話見た、コミックス第1巻買ったけど、イマイチピンと来なかったという方のためにも、はたらく細胞の魅力を紹介します。

(1)体の中で起こっていることを分かりやすく伝えている

赤血球や白血球達の働きを漫画で表現しているため、いつ・どこで・どういった働きをしているかが理解しやすいです。教科書や参考書のように文字だけで理解するのが苦手といった方にうってつけ。

画だけでなく、細胞や細菌、体の作用が登場するたびに解説をキチンと入れている点もポイントとして挙げられます。一度限りでなく、赤血球なら赤血球でその都度解説が入っており、読者のことを考えているのが分かります。

(2)病気について色々と分かる

細胞の働きと同時に病気について知ることができるという点もはたらく細胞の魅力です。肺炎球菌や黄色ブドウ球菌といった細菌の働き、スギ花粉アレルギーやインフルエンザ、ガン等についても触れています。

日頃、疑問に抱いている症状は一体どういったメカニズムからなるのか、それを体の中に存在する細胞達はどのように対処しているかをイメージできる点は評価できます。

(3)話の展開が分かりやすい

はたらく細胞は細胞の働きや病気のメカニズムを題材にしているため、起承転結がイメージしやすいです。基本1話ごとに話が完結するため、要点はどこかが分かりやすい点も特徴的。

主要キャラクターの赤血球と白血球のやり取りが話のテンポをさらに良くしています。各キャラクターの働きだけでなく、他のキャラクターとどういったやり取りを行っているかにも注目して頂きたいです。

(4)オチもしっかりしている

細菌を倒して体の中が平和になった、終わりという訳ではなく、最後にしっかりとオチを入れているので、話をうまく盛り上げているのが魅力的。細胞の働きや病気に絡めている点も評価できます。

(5)よく考えられたキャラクターデザイン

黄色ブドウ球菌の場合はブドウの房、白血球なら白の作業着を身に纏って全身が白とよく考えられたキャラクターデザインになっています。

ただカッコよく、ただ可愛くという訳ではなく、細胞や細菌の形を上手く取り入れているのが分かります。

(6)血小板がとにかく可愛い


(はたらく細胞 1巻)

血小板はとにかく可愛いです。はたらく細胞のマスコットキャラクター的な存在で赤血球にとって癒しとも言える存在になっています。血小板と赤血球とのやり取りははたらく細胞の見どころの一つです。

もちろん、血小板以外のキャラクターもそれぞれ違った魅力があります。はたらく細胞を楽しむ上でお気に入りのキャラクターを見つけてはいかがでしょうか?

どんな人にオススメしたい?

漫画が好きな方はもちろんそうなのですが、どういった方にオススメできるかについて触れていきます。

(1)生物や理科が苦手といった人

学生さんの中には生物や理科がどうしても苦手という方もいるのではないでしょうか?体の中の働きは文字だけだとイメージしにくい部分もあるので、分からなくはありません。

はたらく細胞は体の中の働きを漫画で表現しているため、赤血球達の働きを少しでもイメージするのにオススメできます。少しでも生物や理科に興味を持ち、苦手意識を少しでも無くすきっかけにして頂きたいです。

赤血球や白血球、血小板の働きは生物や理科の勉強を行っていく上で基本となる部分の一つ。ここが分かっていないと、どのようにして全身に酸素が行き渡るのか、免疫のメカニズムはどうなっているか等を理解するのに苦労します。

(2)病気について色々知りたい人

インフルエンザやガン、熱中症等、様々な病気について少しでも知っておきたい方にもオススメ。病気の症状や細菌の働き、それに伴う細胞の働きについても知ることができるからです。

(3)雑学が好きな人

日常生活の中で様々な雑学を知ることになります。人によっては普段から雑学に興味を持っているという方も多いのではないでしょうか?

はたらく細胞は生物や理科について「へぇ~」となるものも多いので、色々なことを知りたいといった方にもオススメできます。

どうして黄色ブドウ球菌と呼ばれているのか等、漫画やアニメを通して色々なことを知ることができるので、一度チェックしておくと良いかもしれません。

アニメも面白い!

漫画も良いですが、アニメもテンポ良く話が進むからオススメです。U-NEXT等の動画配信サービスで配信されているので、興味のある話がある、見逃した話があるといった方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

好きなキャラクターの活躍が見れるだけでなく、細胞達の働きをよりイメージしやすい点が魅力的です。

体のことをさらに知るために

YouTubeではたらく細胞ゼミナールという動画が公開されています。代々木ゼミナールの生物講師鈴川茂氏が細胞について分かりやすく解説しているので、細胞や病気についてもっと知りたい方は一度見ることをオススメします。

約5分~7分程度に分かりやすくまとまっているので、漫画やアニメと一緒に見ると、よりはたらく細胞の話を理解することが可能です。

鈴川茂氏と細胞達とのやり取りのテンポが良く、動画の見やすさに繋がっています。

はたらく細胞で体について興味を持ってみませんか?

中々イメージしにくい体の中の様子をより分かりやすく伝えているはたらく細胞は様々な魅力が詰まっている作品です。

血管内の様子や細胞達の働きをイメージしやすいため、はたらく細胞を一度見たけどイマイチピンと来なかったという方ももう一度見て頂きたいです。読んでいく内に興味のある症状や細胞の働きが出てくるかもしれません。

この記事を通して、興味を持った方はコミックスやアニメを一度チェックしてはいかがでしょうか?