熱すぎる野球漫画『バトルスタディーズ』にあなたも心打たれてみませんか?

熱すぎる野球漫画『バトルスタディーズ』にあなたも心打たれてみませんか?

これぞ主人公の中の主人公!

熱すぎる野球漫画『バトルスタディーズ』にあなたも心打たれてみませんか?

ことしも甲子園が終わりました。夏の風物詩、甲子園。ことしは特に、平成最後の夏にふさわしい盛り上がりを見せました。そんな今だからこそ読むべき!絶対に見逃せない漫画、それが「バトルスタディーズ」です。実は、作者であるなきぼくろ先生も野球の経験があるそうです。なんと、あの名門校PL学園の硬式野球部出身。その後、漫画家として活躍されているそうです。そんななきぼくろ先生が描く野球漫画、バトルスタディーズ。ほかの野球漫画とは、一味も二味も違います。

 

あらすじは?

舞台は大阪、高校野球界の超一流ブランド「DL学園」。野球のエリートたちだけが入学できるこの学校に、エリート中のエリートとして入学した主人公・狩野笑太郎。全寮制で閉鎖された空間の中で次々と巻き起こる事件、逃げ出すチームメイトたち、余りにも厳しい上下関係。そして、間近で見る先輩たちの大きな背中。野球漬けの日々をDL学園で過ごし、そこで成長していく笑太郎たちが描かれています。

主人公が全力で主人公!

この漫画、何と言っても主人公の笑太郎が本当に最高の主人公なんです。まさに主人公の中の主人公。DL学園との出会いは、笑太郎が中学1年生の夏。テレビ中継されていたDL学園の試合を観てから、笑太郎はDLヲタクと化します。勉強そっちのけで野球にのめり込み、周りからは、「野球で高校へ行けなければ将来がヤバい…」と心配されるほど。

しかし笑太郎は、捕手として中学日本代表に選ばれ、世界大会で優勝。その後は全国の強豪校から続々と声がかかり、ついに大本命のDL学園からも声がかかります。順調にDL学園へ入学した笑太郎は、DL学園野球部の中でもすぐに頭角を現します。そんな全力で主人公道を突っ走っている笑太郎を、あなたも読めばすぐに応援したくなるはず!

そして、顔芸が多いです、笑太郎。笑わずにはいられません。本当に野球漫画の主人公?と言いたくなるほど、物凄い顔をします。王道の主人公と言えば、とにかく格好いい!というイメージを覆されますよ。これぞ大阪の高校生!という感じで、読者を全力で笑わせにきます。手に汗握りつつ、ついつい「ふふっ」と笑ってしまうシーンがたくさんありますよ。

とにかくバラエティー豊かなチームメイトたち

笑太郎とともにDL学園野球部に入部した1年生は、15人。そのうち10人がボーイズリーグ出身、8人が世界大会メンバーです。シニアのスターも7人と、いい選手ばかりが集まりました。

その中でもピッチャーの檜は、笑太郎と同様に入部前から注目されていた選手です。檜は入学時、『DLに来たのはあの白猿(笑太郎)と野球するためや』と仲間に話します。しかし、少々性格に難あり。そのせいか、少しずつ孤立していく檜。そして、笑太郎とも衝突することが増えていき…。

ほかにも個性豊かな先輩たちが野球部には揃っており、笑太郎たち1年生はぶつかり合いながら生活していきます。壮絶なレギュラー争いのために生まれる嫉妬、妬み、そして焦燥感、劣等感。一人ひとりが本当に魅力的です。特に3年生たちは貫禄があり、渋い、格好いい。女も男も惚れてしまうほど、素敵なキャラクターたちがたくさん出てきます。このチームメイトたちも、笑太郎に負けず劣らず笑わせてくれるんです。

どんなに緊迫した試合中だろうと笑ってしまうのがバトルスタディーズ。肩の力が抜けます。でも、大阪弁での会話のテンポがとても頭に入ってきやすく、文字数も多いのですがスラスラと苦なく読めますよ。

DL学園野球部の伝統『鉄の掟』とは?

入寮初日、先輩から鉄の掟を聞かされる1年生たち。『一番重要なのは通称三箇条(本当は4つあるのだが)――これを守れぬ者はDL学園で野球をする資格はない』とまで言われます。そんな鉄の掟の内容は「嘘つかない!」「陰口言わない!」「喧嘩しない!」「逢い引きしない!」。笑太郎は、野球のことちゃうんかい…と心の中で突っ込みますが、このほかにも掟は多数。

「笑顔禁止(歯を見せない)」、「一年生同士の私語は原則禁止」、「女見るの禁止」、「水は食事の時以外禁止」等々。上下関係も厳しく、上級生に使える言葉は「はい」と「いいえ」のみ。このほかにも、ユニフォームの洗濯、しかも手洗い。ボール磨き。毎日の睡眠時間は少ししかありません。奴隷のような生活です。先輩たちも、二度とあの生活はしたくないと言うほど。

しかし、笑太郎たちは逆らいません。だって、掟を破ったときの先輩たちが、相当怖いんです…。まさに鬼。そんな生活に耐え切れず、逃げ出す1年生も。それでも笑太郎たちが乗り越えられるのは、とにかく野球を愛しているから。DL学園で野球をし、甲子園に行きたいから。「全員がいわば『野球の申し子』」、3年生の烏丸先輩の一言です。心に響きます。

作者のなきぼくろ先生があのPL学園野球部出身者ということで、とにかく野球に対する愛が半端ないです。野球に対する熱量が、どの漫画よりも熱い。鉄の掟や先輩後輩の厳し過ぎる上下関係は、正直、今の時代これってありなの…?と思ってしまいます。

でも、野球部みんなの「甲子園に行きたい!甲子園でプレーしたい!」という気持ちの強さが、この掟によってより際立って見えます。笑太郎たちは、この鉄の掟を乗り越えられるのか、それとも、笑太郎たちが新しい風を吹かせていくのか。注目です!

百聞は一見に如かず!

今回紹介できたのは、本当に一部だけ…。読み進めると、手に汗握るようなシーン、胸が締め付けられるほど見ていてしんどいシーン、ついホロッときてしまうような感動のシーン、そして大口開けて声を出して笑ってしまうようなシーンが盛りだくさんです。

とにかく喜怒哀楽が詰まったバトルスタディーズ。まるで自分もチームの一員になったかのように、笑太郎たちと一緒に「やったー!」と喜び、時には、「なんでだよ!」と怒りたくなるようなシーンも。辛くてつい涙が溢れてくることも。

でも、一番はとにかく笑顔になれるんです!笑太郎たち野球部が、全力で甲子園へ駆け抜けていくとにかく熱くて、そしてキラキラしていて、時にはドロドロしている史上最高の野球漫画「バトルスタディーズ」。ぜひ、読んでみてください。一度読んだら、もう虜です。あなたも一緒に、DL野球部を応援しましょう!