『メタモルフォーゼの縁側』の面白さを徹底的に解説!

『メタモルフォーゼの縁側』の面白さを徹底的に解説!

「このマンガがすごい!2019」オンナ編で第1位!

『メタモルフォーゼの縁側』の面白さを徹底的に解説!

75歳のおばあちゃんがBLに出会い、それがきっかけで1人の女子高生と仲良くなるという目新しいテーマで注目を集めている『メタモルフォーゼの縁側』。「このマンガがすごい!2019」のオンナ編において、堂々の第1位となるほど魅力たっぷりの本作の面白さをご紹介していきます。

 

『メタモルフォーゼの縁側』ってどんなストーリー?

2年前に夫を亡くし、現在は1人暮らしをしている75歳の女性・市野井雪。彼女は立ち寄った本屋で、1冊の漫画を手にします。綺麗な表紙に惹かれてその本を購入し、読み進めていくうちに「男性同士の恋愛を描いたBL漫画である」ということに気づきます。しかし、素敵な絵とストーリーにのめり込み、BLというジャンルにも興味を持つようになりました。

彼女が通っている本屋でアルバイトをしている女子高生・佐山うららとひょんなことから話すようになり、お互いBL好きということが判明。2人ともBLや漫画のことについて話せる人が周囲にいなかったのも相まって徐々に仲良くなっていき、喫茶店でお茶しながら漫画の感想を語り合ったり、一緒に即売会イベントに行くような仲になります。BLがきっかけで好きなものを共有できるようになった2人が、どんどん楽しく、輝きに満ちた日々を送るようになる、日常系の心温まるお話です。

この漫画の最大の魅力は4つあると思っています。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ポイントその1:「BLを“読む側”の漫画」という新ジャンル

『メタモルフォーゼの縁側』が面白いポイントその1は、「切り口が斬新」という点です。BL漫画そのものや、BLの素晴らしさ・楽しみ方に重点を置いた作品などは数多く出版されていますが、おそらく「BLをきっかけに世代を超えて繋がった2人のお話」という切り口は初めてなのではないでしょうか。

しかも、雪とうららの年の差は58歳。4まわりほど違います。このような世代を超えた2人の交流は、かなり珍しいです。「BLが好きだけど段ボール箱の中にひた隠しにしてバレないようにしているうらら」と「テレビの横にBLを並べていて、本屋や同人誌即売会でBLを買うときも堂々としている雪」は対照的といえるでしょう。しかし2人とも「BLを好き」という気持ちが本物だということは、本のそこかしこから読み取れます。そのため、一見突拍子がなく見えるテーマですが、違和感は全くありません。

ポイントその2:キラキラしすぎていない等身大の主人公が魅力

『メタモルフォーゼの縁側』が面白いポイントその2は、「主人公が等身大のキャラクターで共感できる」という点です。主人公・うららは、髪がぼさぼさでも気にせずに学校に行ってしまうような女子高生です。しかし、アルバイトを頑張っている姿や、人間関係に悩んでいる姿、自分に自信が持てないところを見ていると、応援したくなってきます。

みなさんは、少女漫画などに登場するキラキラしたヒロインを見て、いまいち話に入り込めなかった経験はありませんか?少女漫画に出てくるヒロインは、みんなかわいいアクセサリーやメイク、服装などに身を包んでいます。もちろんそれは悪い事ではありませんし、むしろ羨ましいくらいなのですが、なんだか別世界で生きている人のような気がしてくるものです。

一方でうららは、シンプルな恰好で過ごすことが多く、一見不愛想なようにも見えるのですが、素直なところ、少しドジなところ、不器用なところに好感が持てます。男勝りな感じでもなく言葉遣いも綺麗ですし、読んでいると可愛らしいと感じるシーンが多いです。キラキラ系ヒロインは苦手…という人には、ぜひ一度読んでみてほしいです。

ポイントその3:BLの萌えシーンが的確に表現されている

『メタモルフォーゼの縁側』が面白いポイントその3は、「作中のBL漫画に萌える」という点です。

雪がハマったBL漫画『君のことだけ見ていたい』は、男子高校生の佑馬と咲良が友達をやめて恋人になる過程を描いた純愛もの。2人の気持ちがすれ違って悩んだり、葛藤したり、幸せそうに並んで歩いたり…BLが好きな人であれば、見ていてキュンとするシーンが多いです。現実に書籍化されたら読んでみたい!と感じる人は少なくないでしょう。

ポイントその4:人間関係にリアリティがある

『メタモルフォーゼの縁側』が面白いポイントその4は、「人間関係がリアルかつ丁寧に描かれている」という点です。

うららは学校でうまくグループに入れなくて悩んでいますし、雪も、ふとしたときに旦那との思い出が蘇ってきて寂しそうな表情になるシーンがあります。2人が楽しくBLの感想を言い合う仲になるまでも、実は少し時間がかかっていて、結構探り探りな感じがリアル。

また、うららの幼なじみの彼女がうららにジェラシーを覚えて少し当たってしまう描写や、BLを見つけた家族・友人がそのことに言及しない優しさを見せるのも、日常の一コマを眺めているようで非常にナチュラルです。

2人が出会い親睦を深めていくことで、本人たちはもちろん、取り巻く環境もこれからどんどん変化していくかもしれませんね。

まとめ:「好き」のチカラってすごい!

ここまで『メタモルフォーゼの縁側』の面白さについてご紹介してきました。BLが「好き」という気持ちを共有する2人が、回を重ねるごとに生き生きした表情になっていくのを見ていると、非常にほっこりした気持ちになります。「好き」のチカラってすごいんですね。興味のある方は、ぜひ『メタモルフォーゼの縁側』を手に取ってみてください。