“月刊コロコロコミック”に関するまとめ

月刊コロコロコミックとは

小学館発行の小学生向けの月刊漫画誌。1977年創刊時は季刊であり、ドラえもん総集編といった体で、「忍者ハットリ君」「オバケのQ太郎」などの藤子作品が誌面を占めていた。やがてビックリマン、ミニ四駆、ポケモン、ベイブレード、ゾイド、妖怪ウォッチなど、ゲームやホビーとタイアップした作品がメインとなり、商品化されてブームを巻き起こす。「学級王ヤマザキ」「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」といったオリジナル作品もある。メイン読者層が男子小学生のため「うんこ・ちんちん原理主義」を貫いていて、ギャグは下ネタが多くて過激。誌面は小さいが「コロコロ」と分厚いのが特徴で、休刊した講談社発行の「コミックボンボン」はライバル誌だった。

このキーワードに関連する「記事」はありません。