“週刊少年マガジン”に関するまとめ

週刊少年マガジンとは

講談社が発行する週刊の少年漫画誌で、1959年創刊。2大スポ根漫画「巨人の星」「あしたのジョー」や「デビルマン」といった不朽の名作を掲載し、少年漫画誌のトップと走っていた。低迷期を迎えるも、ラブコメ「翔んだカップル」のヒット、「1・2の三四郎」などの主力作品の台頭を経て、大ヒット作「金田一少年の事件簿」が連載を開始。スポーツ漫画やヤンキー漫画が誌面を賑わせ、「GTO」「ラブひな」を含め、第2次黄金期とも呼ばれる。その後「FAIRY TAIL」「七つの大罪」といった多彩なジャンルが連載されるようになった。グラビア企画も行われ、楽しみにしている読者も多い。